定食屋さん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おととい夜9時にお仕事を終え、お腹が空いたので外出。
たまには少し探検して見たくなり駅と反対方向に向かいました。

ふと路地を入ると小さな食堂を発見。

古くから営業されているのかまさしく昭和な佇まい。

日替わり定食あります!の文字に惹かれ

がらがらがら 扉を開け店内へ
わずかカウンター6席の小さなお店。

中には店主とおぼしきおばあちゃまとお客さんらしきもう一人のおばあちゃま。

「・・・・・・・・・」

目が合いましたが、ちょっとびっくりした顔でしばらく無言のままつぶらな瞳で僕を見ています。

僕もつられて何となくびっくりした顔をしてみました。

「あの~・・・どなたかのご紹介ですか???・・・」

「えっ!!!・・・・・・・・・」

どう見ても一見さんお断りの高級クラブではないし・・・

ここの定食屋さんは完全予約制ですか・・・とも聞けず

あの~・・・このあたりブラブラしててお宅のお店見つけたんです。
日替わり定食くださ~~~い!と元気良く言いました。

あ~そうですか!!!ここはよくどなたかの紹介で来られるので
失礼があってはと思いまして!
とにっこり😊

良かった~✨✨✨

常連さんしか来ないんですね!きっと

一緒に食べていた品の良いおばあちゃまも、もう十数年通ってきている常連さんみたいでした。

「温かいお茶がいいですか?つめたいお茶がいいですか?」
「つめたいお茶くださーい!」

「そしたら自分で冷蔵庫から出してください!」・・・笑

以前Blogで書いたビリヤード屋さんの過去が蘇ってきました。

「それじゃあ好きなものコンビニで買ってきて食べて!ここは持ち込み自由だから!」・・・???かも

まぁそんな訳ありませんけど・・・

御年80歳(ビリヤード屋のおばあちゃまと同い年でした)

若くして旦那様を亡くされて以来ずっとお一人でお店を切り盛りされてこられたようです。
人に歴史ありですね。

昼間はご自身でお弁当の販売から出前まですべてひとりでこなされているとのこと。
亡くなられた僕のおばさんとも知り合いでした。

定食は焼き魚と小鉢が3つそしてごはんとお味噌汁
まさしくお袋の味で、すべて手作りの心温まる晩御飯でした。

「お仕事何してるの?」
「瞑想教えてます!」
「なんかそんな感じがしたわよ!」
「・・・・・・」
一体どんな感じがしたんだろう・・・笑

途中から話も盛り上がりこれも食べてこれも食べてと2品もサービスで出してくれ。
僕も食欲に火がついてごはん3杯もおかわりしてしまいました。

なんかお袋の愛に触れたみたいで泣けてきました。。。

これで600円。 安いよな~・・・

お店で出してくれた小松菜もご自分の畑で採れたものとのこと。
お孫さんのことを熱心に語られる本当にかわいいおばあちゃん。
なんか素敵なお店でした。

西荻のお店は一件一件に物語があるんだよなぁ
しかもどこか昭和のぬくもりと暖かさが残っている。

こんなお店がいつまでも続いて欲しいな~って思いました。
それにしても西荻のおばあちゃまは皆さんパワフルでお茶目でかわいい❤️

また行こうーーーあの定食屋さん!

あっ!でもご飯なくなったらその日の営業は終了するみたいなので今度は早めに行こう。

それではまた次回

瞑想コミュニティ西荻窪
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする