防災準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日Blogでも書きましたネパール大地震。

安否確認ができなくなっていたネパール人の友人とようやく連絡がつきました!

怪我もなく無事だそうです。

とにかく良かった~✨

でも衣料や食料が絶対的に不足していて家に取りに戻ろうにも倒壊の危険があって難しいらしく、かなり不自由な生活をしているみたいです。

首都カトマンズは壊滅的な被害とのことでした・・・
何か必要な物資を送れるか少し動いてみたいと思います。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りさせていただきます。

最近特に日本でも大きな地震発生が噂されています。

それが起こるか起こらないか?に関係なく日頃の防災意識は持っておいた方が良いと思います。

そうやって恐れからいろいろ準備してると地震引き寄せちゃうよ!って言う人がいますが

ナンセンス


最低限必要な緊急物資を用意して災害に備えるのは大切な事です。

実際に身体を持って生活している訳ですから。

○お水・・・5年長期保存可能なものもありますが、保存料も入り美味しくない。
ですから普通の2Lのミネラルウオーターをお薦めします。(通常使用で使い回し)
○お米・・・真空パックで10Kのもの。長期保存のものがネットで販売されている。
○鍋・・・炊飯はその他煮炊きにも活躍。
○缶詰・・・鯖や鰯の味噌煮缶等安く販売されています。スーパーのPBだとさらに安い。
○乾電池・・・ラジオ、懐中電灯用に多めにストックを!
○寝袋・・・夏と冬では装備を考えて!特に冬は寒さ対策の為必須。
○簡易トイレ・・・災害対策用に汚物を固めて捨てるタイプのものがネットで販売されています。
○カセットコンロ・・・これは料理用に必須。災害時はまず火が使えなくなります。
○ラジオ・・・手回し充電付きの乾電池タイプ。災害時の情報をチェック。
○携帯用充電器・・・手動充電機能付きのもの。通信用、ネットでの情報収集、そして災害時には
心細くなるもの。音楽でも聞いて気分転換を!
○最低限の衣類・・・夏場は特に汗をかきます。着ているものが気持ち悪いと気分も滅入るので。
○マスク・・・粉塵対策で必須です。麻のマスクが販売されてて優しい感じでお薦めです。
○うちわ・・・冷房も止まって夏は暑いからねー
○虫よけスプレー・・・夏場災害時には虫がわきやすくなります。準備することをお薦めします。
○トイレットペーパー・・・トイレ使用以外にも重宝します。
○ティッシュペーパー・・・保湿性のある少し良いものを準備しておくといいですね。
○生理用品・・・女性は必須ですよね。
○常備薬・・・特に持病をお持ちの方は必要です。
○タオル・・・お風呂に入れません。身体を拭きましょう。
○歯ブラシ・・・少量の水で使える歯ブラシが災害用で販売されています。
○ローソク・・・電灯代わりに。
○軍手・・・がれきから手を保護。
○カップラーメン・・・少し笠ばるので余裕があれば。
○ライター・・・着火用に3個ぐらい用意しておきましょう。

さくさく準備だけしておいて、地球の浄化がこれ以上大きな形で現れないようただ祈りましょう。
災害が発生してからでは購入が難しくなります。

僕は中学生の時に宮城県沖地震で被災したことがあります。

その時に重宝したのがお風呂の湯船に張ってあった水。

被災中、顔を洗ったり身体を拭いたりする水として使うことができました。
(当時の家のトイレは汲み取り式だったのでトイレに関しては流す心配をすることはありませんでした。)

ですからお風呂に入ったらそのままお湯を抜かずに貯めたままにしておくのが良いと思います。
そしてまた入る直前に水を抜いて新しいものと交換しましょう。

自分ができる必要最低限の準備だけして

あとは祈りましょう。

天に

それではまた次回!

瞑想コミュニティ西荻窪
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする