名前の由来

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんそれぞれにお名前がありますよね。

なぜその名前を付けられたのか聞かれたことはありますか?

名付け親が両親の場合もあるでしょうし、祖父母、親戚、ご近所の住職さんだったり、神社の神主さんとか

皆さんの名付け親も様々だと思います。

僕の名前、富美夫は実は母方の祖父がつけてくれたものです。
祖父は名付けの達人だったらしく、近所で子供が生まれたりすると、よく名付け親を頼まれていたみたいです。
祖父の付けた名前の方には、その後奇跡が起こったりしたそうですよ♪

大きな事故に巻き込まれても、奇跡的に助かったりとか
実際僕の叔父もそんな経験をしました。

富美夫の由来

生まれは富山県なのでその土地の名前から   富
母親の名前、美之から一文字いただき   美
父親の光雄から一文字の予定でしたが字画を考慮し 雄ではなく 夫

美しい心を持って、物心両面の富(豊かさ)を人々と享受する人になって欲しいと言う願いから付けられたと聞きました。

それで
梅原 富美夫なんですね!

役者みたいな名前だね~ってよく言われていました。

梅沢富美男の夢芝居が流行した時に散々歌わされたり。。。

昔銀行強盗で梅川って犯人がマスコミを賑わせていた時は梅川さんですか、、、?とか

なぜか送られてきたハガキに間違えて

登美夫とか
飛美夫なんて書かれたこともあります。

ちなみにどこにも登らないし、どこにも飛んでゆきませんのであしからず(笑)

この名前、子供の時はなんかしっくりこなくて、あまり好きではありませんでした。
ですから名前で呼ばれることになぜかすごく抵抗があったりして・・・

一時期、仲間にあえて名前で呼んでもらうことにチャレンジしたことがあります。
仲間に呼ばれることを通して、自分の存在を受け取ってゆきました。
そして名前で呼ばれることへの抵抗は消えてゆきました。
ひとつブロックが外れて自由になった訳です♪

今では、自分の名前が大好きです💖

そして自分の存在も大好きです💖

皆さんも改めてご自分の名前を受け取ってみる機会を持たれたらどうかなって思います。

名づけ親への感謝とともに✨

そこには自分が今世生まれてこの人生を生きる上での目的、叡智が隠されているかもしれません。

古のことわざでも、名は体を表すとも言われていますしね♪

ちなみに息子の名前は

大宙(ダイチ)

大宇宙そのものであることを受け取って欲しいという願いからつけました。

名前負けすんなよ~(笑)

いや勝ったも負けたもない。君はそのままで100%

だって存在そのものが宇宙だからさ💖

それではまた次回!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする