キミとなら強くなれる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑いですね~☀️
今日諸用で電車に乗っていたら電車の広告が一面

バケモノの子と言うアニメ映画のポスターだらけ!

細田守監督の最新作ですね。
サマーウオーズ、時をかける少女、おおかみこどもの雨と雪
などの素晴らしい作品を手がけていらっしゃいます。

ずいぶん前の作品ですが、特に「おおかみこどもの雨と雪 」いい映画でした。

僕も泣けました。

見られていない方はツタヤで借りてね!

っと話がまた脱線しましたが、そのバケモノの子のポスターに書かれていたのが

きみとなら強くなれる。のサブタイトル。

人は、ご縁のある周囲の方々とのかかわりの中で自分を知り、この世に生まれてきた意味を知ります。

でも人間関係の中で、あまりにも感情的に辛くなってしまうと、自分を見失ってしまいます。

感情的な迷子になってしまうんですね・・・

でも同じ志を持った仲間がいると強くなれる!

人生はマラソンですが誰と競う訳でもない。

それぞれの人生を歩んでゆきます。

だから仲間とお互いの人生を励ましあえば良いと思うんです。

比較したり、競争したりすることは全く意味がない。

お互いの人生をリスペクトして、エールを送りあえば良いんです。

決して癒着したり、自分の停滞感に仲間を引きずり込むことは違います。

その時は自分の中に上がってきている寂しさを見る機会です。

キミとなら強くなれる。

そう言える仲間をどれだけ持てるかで人生の豊かさが変わってきます。
家族や恋人、職場の仲間、ご近所さんも含めです。

最後に細田守監督の

バケモノの子の上映に当たってのコメントを掲載します。

現代社会の変容とともに、家族観も変化するのは当然です。
旧来の伝統的な家族観はもはや参考にならず
私たちは、家族の新しいあり方を模索しなければならない瀬戸際に立たされています。
新しい子供達は何を道しるべに成長すればよいのか。
また新しい大人である私たちは、子供達にどんな姿を見せ何を手渡してあげられるのか。
この映画を通して共に考えてゆけたらと思います。
以下省略

出国まで時間見つけて観にいこうかな~♪

それではまた次回!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする