七夕の願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日

今日は七夕です。

仙台の七夕は有名ですよね♪

例年1ヶ月遅れの8月7日を中日として8月6.7.8日に開催されます。
学生時代は仙台で過ごした為、当たり前のように七夕の光景が街のあちらこちらでありました。

もともとは中国に古くから伝わっている伝説。

天帝の娘であった織女(しょくじょ)は機織りに長けていました。

農耕に熱心な牽牛(けんぎゅう)と結婚しましたが、彼に夢中になり、その後機織りを止めてしまいます。

怒った天帝は牽牛を銀河のかなたに追放してしまいました。

悲しみにくれる我が子、織女を不憫に思った天帝は年に一度7月7日に会うことを許したのです。

あまりにも仲良しだった織女(織姫)と牽牛(彦星)。
年に一度の願いが叶うことにあやかって、短冊に願い事を書いて笹の葉に飾る習わしが定着しました。

また七夕の由来には諸説あって

棚機(たなばた)とは古い日本の禊行事で、乙女が着物を織って棚に備え、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものであった様です。
七夕は棚機の当て字とする説。

また中国の宮廷行事で7月7日に織女(しゅくじょ)星にあやかって、機織りや書道、お裁縫などが上達するようにとお祈りする風習から生まれたという説もあります。

何れにしても、一年に一度7月7日出会うと言われている織姫と彦星の七夕伝説。

ロマンですね~~~

願い事したかって・・・

もちろんです!
内緒だけど・・・笑

皆さんも今からでも遅くはありませんよーーー

天にリクエストした想いは必ず届きます。

そしてそれが深いところからの自分の望みなら実現するでしょう♪

健在意識で捉えているところを超えたレベルでね!

それではまた次回!

瞑想コミュニティ西荻窪 
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする