親のコントロール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしてそんな事するの?
そんなことしてると大変なことになっちゃうから💢

お母さんの言うこと聞いてれば間違いないから・・・
だから言うこと聞きなさい!!!

皆さんどこかでこんなセリフ聞いたことありませんか?

よく母親が子供をしかる時に言うセリフです。

何も知らない子供を守りたい。
危険なことやいけないことをちゃんと教えてあげたい。

これは親の愛ですよね。

この世に出てきたばかりの赤ちゃんや幼い子供は身体が無い時のように何でもできると思っているから
なんでもやろうとする。

親からしたらハラハラドキドキ!!!

だから必要な時もあるんです。
怒るのではなくて叱るんですね。

でもこれをずっと続けていたら子供はどうなるか?

いつも母親の顔色ばかり気にするようになってしまいます。

そしていつも自分の下した選択や決断に対して自信が無かったり罪悪感を持つようになる。

そのタイミングで
『ほらね!お母さんの言うことを聞かなかったからこんなふうになっちゃうのよ!よく覚えておきなさい』

なんてコントロールをかけられた日には、もうその呪縛から逃れられなくなってしまいます。

その後、思春期になり母親に盲従してゆくか

猛烈に反発してしまったりします。

最初は愛ゆえに始めたことなのに、母親も寂しさから子供をコントロール下に置いておきたくなるんですね。

すべての親子関係がそうではありません。

子供の人格を尊重して育てられている方もたくさんいらっしゃいます。

でもこうして幼少の頃の親との関係性から罪悪感を持つようになり、あらゆる人間関係でそれを使ったコントロール合戦が始まります。
そして自分のことは誰もわかってくれないと思い本心を隠してしまう。

ですからこの関係はお互いを幸せにはしません。

なぜそうしてしまうのか?

親の持つ過去の傷、トラウマ、観念が影響しています。

そこを癒す必要があるんですね!

僕の母親も例に洩れず、そんなセリフを連発していました。
今は僕のことを全面的に信頼してくれています。

瞑想していくと家族の変化に驚かされる時があります。
自分の内なる掃除を進めていくと、投影されている現実が確実に変容していったりするんですね♪

おもしろいね😊

皆さんも体験してみてね♪

それではまた次回!

瞑想コミュニティ西荻窪 
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする