宗教論

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は宗教は否定しません。
宗教に救いを求めて、それで救われている方がたくさんいらっしゃるんだから
それは素晴らしいことです✨

どこかの宗教団体に属しているかと言うと

属していません!

瞑想って宗教なの?

いかなる宗教とも関係ございません!!

あなたはお坊さんですか?

見た目だけです!!!(笑)

話が脱線する前に

この世の真理って一体何なんでしょうか?

仏陀もイエスキリストも真理を語っていたと思います。

でも現存する経典や聖書も仏陀やキリストが書いたものではないんです。
口伝でお伝えしたものをお弟子さん達が文字として書き起こしたもの。
ましてや仏陀もキリストも悟りそのものを語っていたのではなく、すべてを知るものとして人々が現実をいかに生きるかに基軸を置いて真理を説いてくれていたのだと思います。

その後それぞれの解釈が入り真理は歪んでいったのでしょう。

なぜか・・・

お弟子さん達は自分が体験した訳ではなかったからです。

マインドの解釈をまったく超えたところの話にもかかわらずお弟子さん達はマインドで解釈するしかなかった。

悟りに対する憧れと渇望、競争、権力欲、特別意識に飲まれ

自分の解釈こそが正しい、お前の解釈は間違っている!
いいや俺の解釈が一番真理を表している!
お前こそ仏陀様が残してくれた真理をまったく理解してない!

きっとこんな論争が繰り広げられていたのかもしれません。

それぞれが自分の世界から色メガネをかけて現実を見ています。
だからそうなっていくのも無理はない。

そもそも理解するという視点それ自体が既にずれているのに・・・
そして体験ですらないことを説明しようとするのですから・・・

そして解釈の相違から宗教分裂が始まった。

その後もお弟子さんによって書かれた文献の解釈をめぐりさまざまな意見が加えられ真理から遠いものとなってしまったのでしょう。

よくある伝言ゲームと一緒です。

すべての答えは人々の内側にあるというのに・・・


仏陀もキリストも真理を語るマスターはただそのことを伝えにきただけ。
目覚めることに必死になる行為そのものが目覚めることを邪魔したのかもしれません。
なぜならそれはストーリーの中には無いものだからです。

そして外側の世界をコントロールすることに躍起になってしまった。

過去に起こった宗教戦争は真理を見失い権力欲と特別意識、正しさへの執着により起こってしまったものなのかもしれません。

その渦中でも真理を知りそれを伝え続けている隠された存在はあったのだと思います。
そして今の時代それが次第に明らかにされていくのでしょう。

何度もお伝えして恐縮ですが
宗教を非難している訳でも否定したい訳でもありません。
そしてすべての宗教がそうであると言っている訳でもありませんのでお間違えなく!

僕はお寺や神社も大好きです!

若い時はあらゆる宗教団体の話を聞きに行きました。
どのように真理が語られているのかに興味があったんですね!
でもどこにも入信することはありませんでした。
そして真理を語っているところはどこにもありませんでした。
厳密に言うとそれらしいことを語っていても本物のエネルギーを感じるところはどこもありませんでした。
これはあくまで僕の感性での話ですが・・・

宗教団体でも聖者を囲むグループにしてもひとりの人間を崇めて神格化しているのにはちょっと違和感を感じます。
そのような組織にあってすら、そこに所属する皆さんの有り様が大切なんだと思います。

この世の人々みんなが等しくすごいんだから。

それが普通のことだから・・・

ただ先人をリスペクトすることはとても大切だと思います。

でもそれだけなんだと思います。

目覚めよ!

って看板持った方が街角にいらっしゃいますが

でも本当に
目覚めよ!っ

て時がきてるんだと思うんですね。

みんなにね✨✨✨

僕はあそこの隠れ信者でもありませんのであしからず(笑)

まあ力んで目覚めようとしても自分ではどうすることもできないけど・・・
どうにかしようとしている間は。。。

まあ日々楽しく生活しましょう♪
しっかりと地に足を降ろしてね。

日々の習慣として瞑想してくださいね
心の大掃除を進めましょう♪
そしてなにか大きな気づきが起きた時に分かち合ってくれればいいだけですから!

それではまた次回!

瞑想コミュニティ西荻窪
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする