おにいちゃん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕には3歳違いの兄がいます。

父の仕事の関係で転校が多かった幼少時代。
いつも側にいてくれる存在として兄を慕っていたのを覚えています。

たまにからかわれたり、いたずらされたりしても

にーちゃん、にーちゃんと泣きながら兄の後を追ったものです。

基本的にはいつも優しい兄でした。

小さい頃から大いなるものとつながり守られている絶対的な安心感はありましたが
どこか現実との生活と自分の意識のギャップに違和感を感じていました。

友達は多い方でしたが、違和感を感じながら何となく周囲に合わせて生きてきた様に思います。

そんな中、昆虫博士で手先が器用で僕と感覚的につながっている兄をどこか尊敬していました。

高校時代に僕が親の言うことを全く聞かなくなった時があって

見るに見かねた兄に思い切り殴られ、サッシごと外に投げだされたことがありました。

ガラスが割れ、
血だらけで外に投げだされた僕が感じたのは

兄の深い愛でした。

ぶっちゃけ・・・痛かったけどね(笑)

今は仲間であり同志であり親友と言ったところでしょうか!

昨日はウエサク祭半日瞑想会

仏陀が悟りを開いた日にふさわしい深い癒しの1日になりました。

その中に兄の姿がありました。

一昨年から瞑想を始め毎日欠かさずやっているようです。

そんな彼が初めて瞑想会に出席してくれました。

なんかうれしかったなあ❤️

人は輪廻転生するたびに同じソウルグループの仲間と、人生で学ぶべき課題に応じて役割を変えて関わりあっていくと言われています。

親、兄弟であったり、時には友人であったり人生の師であったり・・・

そうやってお互いの魂の進化をサポートしあっていくんでしょうね!

今日は満月瞑想会

どんな出会いがあるのか今日も楽しみです。

いつも必要なことがただ目の前の現象として現れるだけ。

日々淡々とお役目をさせていただきながら人と関わってゆく喜びを感じています。

皆様今日も素敵な1日を❤️

瞑想コミュニティ西荻窪
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする