The Power of the Cross Part4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日はアースデイ夜の瞑想会でした。

Blogに書かせていただいた内容ともシンクロして深い癒しと瞑想の時間になりました。

ご参加いただいた皆様とあの場を共有できた事。心から感謝申し上げます。

それでは今日は横の関係性

つながりの中でインナーチャイルドを癒し、カルマを手放し本来の自分に帰る・・・です。

この世に生を受けて最初に出会うのが母親。
そこからあらゆる関係性が開いてきます。

家族、友人、恋人、ご近所さん、学校の同級生、先輩、後輩、職場の同僚、恩師、道行く人々、電車の中でたまたま一緒に乗っている見知らぬ人

そんな人々とのかかわりの中であらゆる感情を感じる機会が与えられます。

それはあたかも自分とは関係のない切り離された外の世界で起こっていることの様に思ってしまう。

こんないやな事ばかり起こるので俺ってついてないな・・・とか 落ち込んだり、怒ったり、泣いたり
うれしいこと楽しいことが起こると いやー最高!ハッピーハッピー
(こうやって喜怒哀楽を表現することは決して悪いことではないのでお間違えなく!)

また自分とは関係ない外の世界ですべてが起こっているとマインドが判断すると何とかして現実をコントロールしようとします。

思考を総動員して
または自分の魅力を使って
相手を威圧して
仲間と癒着して攻撃してみたり

一時的に良くなったように感じますが、長くは続きません・・・

よく投影の法則って言われたりしますね。

すべては内側の写し鏡として現実に投影されているだけ。

そこを引き戻して内側の視点で見ると

こいつ!むかつく(その出来事を通して、切り離された深い怒りの感情が解放の為に浮上する)
あなたはなんでそんなこと言うの!私は悲しい・・・(その人の言葉を通して、悲しみという古い感情が解放のため上がってきた)
お前いい奴だね!(その人を通して自分の中の無垢さ誠実さを感じている)
君のこと愛しているよ!(恋人を通して自分の内なる愛の感覚にアクセスしている)
等々

現実の出来事に反応して自分の古い感情や傷、蓋をしてみえないようにしている才能が上がってきただけです。

今ここにすべてある。

そのことに気づくだけでいい!なんて言われたりしています。

まさしくその通り!

とてもシンプルなことです。

マインドがすべてだと思い込んで観念の檻にがんじがらめになっている。
もう迷子になってしまい自分がどこにいるのかすらわからない。
感情に完全に同化し翻弄されてしまい、自分に浸っている。
寂しさのあまり仲間を巻き込んで癒着し、もう動かないぞ!と頑なになっいる。
頭の中で思考がぐるぐる。いつも頭の中でぶつぶつおしゃべりしている。
思考の中で作られたストーリーに夢中になってしまいファンタジーを生きている。

こんな状態の時に今ここと言われても、思考ではなんとなく理解できてもその言葉の本質すら入らず時間軸で今ここを捉えようとするんですね。

その状態(状態と言ってよいものか・・・)はある日突然起こる事故のようなものですから、求めようとすればする程思考が働き遠のいてしまう・・・

じゃあどうしたらよいのか?

一度期待を手放してただ習慣として

瞑想する

そして現実の人々との関わりの中から起こる出来事を通して

自分の感情は内側から起こっているという視点を持って見ていく。
(フルフィルメント瞑想を実践するとこの内なる中心から見ていく視点が養われます)

カルマをほじったり、ネガティブな感情を探しに行くのではないのであしからず。

日々の生活の中で縦につながる瞑想の時間を持ち横では人々との関係性の中から感情を見ていくことで

心の大掃除をしていく。

すると 癒しが進み十字架の中心ハートが開いてゆきます。

地道な事ですがこれが一番の近道です。

でもね!  瞑想で空の絶対静寂を楽しみ、人々とのつながりの中でハートドキドキが開いて自分らしく活き活きと生きられたらこんな素晴らしいことはないなって思うんです!

そんな事を体験するためにこの世に生まれて来たんだから音譜

起こっている出来事そしてそこで感じられる感情はすべて自らの魂磨きのために起こっているだけなんです。

ひとつの例外もなくすべてです。

その感覚が体感として少しづつわかってくるようになります!

今日はここまで!また次回に。

瞑想コミュニティ西荻窪
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする