体験は最大の教師である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何事も体験が最大の教師だと思うんですね!

フルフィルメント瞑想の伝授を受けられた方にはテキストをお渡ししています。
別にとれたての魚を渡している訳ではないので・・・紛らわしいイラストでごめんなさい。

でもまずはしっかり瞑想されて一ヶ月経ってから読んでいただくようにしています。

なぜか?

ご自身での瞑想体験から感じていただくことが、とても大切だからです。

最初にテキストを読んで頭でっかちになると、知識に瞑想体験を合わせようとする。

こんな体験があるはずだ!
テキスト通りの体験が起こらないのはどこか間違っているに違いない・・・

瞑想中にもそんな余計な観念が動き邪魔をしてしまいます。

ご自身が体験したものが真実なのに、そこに疑いを持ったり、自分が遅れているのではないかと誤解したりする。

それぞれの人生、魂の歩みが違うように瞑想の体験もみなさん少しづつ違うんです。

ですから、体験をより深く落とし込むツールとしてテキストを活用していただけたらなと思います。

それでも良くわからなかったり、体験に不安を感じたら瞑想会に来てどんどんシェアしてください。

でもこれは瞑想の世界だけではなくて、あらゆることに言えると思うんです。

心理学なんかでもそうです。

心理学の知識で頭がいっぱいになり感情を感じれなくなったら本末転倒(笑)

自分に感情を感じることを許しておもいっきり体験してみる。

泣いたり、笑ったり

そこからの気づきが真実なんだと思います。

その人にとってのね!

体験ありきで本などを読むと理解が深まると思うんです。

そしてより深いところで体験を受け取れたりします。

でも本に書いてあることがすべて正解なんて思ったら大間違い。
だってそれぞれの人が体験や知識に基づいて書いているだけだからです。

先人の知恵は素晴らしいと思いますし、そこにたくさんの真実が書かれていることも事実です。

でもね・・・あまり頭でっかちにならないように!

わかった!・・・は、とかく知識で理解したという場合が多くて

そこで満足してしまうと、わかったふりをして、逆にどんどんエゴを助長していることがあります。

特別意識に占拠されてね。

どんなことでもまずは体験してみる。
そしてその体験を分かち合って、仲間からのフィードバックも、もうひとりの自分からのメッセージとして受け取る。

これがとても大切だと思います。

僕も本は好きでよく読むんですが、事実や真実を知るのにはとても勉強になります。
特に歴史書物や自伝、先人から代々伝わってきた知恵にはいつも新たな発見があります。
だから書物による知識を否定している訳ではありませんよ~♪

僕の主催する瞑想会は体験型瞑想会です。
もちろん瞑想体験に来るのですから当たり前ですね(笑)

でももっと深い自分自身と出会っていただくために自分と誠実に向き合う時間を大切にしていただきます。
そして、その時間を参加者全員と共有します。

瞑想を通してどんどん自由になりましょう。

自分らしく生きたくなったらいつでも来られてください。

お茶とお菓子を用意して
西荻窪でお待ちしています♪

それではまた次回!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする