ボブ講演会感想(アセンションとの出会い)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も生徒さんの体験談です。
シンクロの波に導かれて、魂の声に正直に一歩つづ進んで来られています。

自分と向き合う時には、さまざまな抵抗が上がってくることがあります。
でもその時その時、選択するのは自分しかいないんですね。
恐れの選択をするか愛の選択をし続けるかしかありません。

大いなる流れを信頼し続けましょう😊

これからもA・Kさんの瞑想ライフ応援していますね♪

A・Kさん

梅原先生、いつもありがとうございます!o(^▽^)o
ボブ先生の講演会と瞑想会と伝授会に参加をさせて頂きましたA・Kです。

わたしはこれまであらゆる宗教や精神世界というものにあまり関心を持つことなく過ごしてきました。

3ヶ月前に図書館で借りた本に付いていたボブ先生のCDに、衝撃的な情動が起こり涙が溢れ、嗚咽し、一体どうした事か?と思いつつも求めるままにCDを何度も聞き、概念だけで知っていたチャクラが実在する事を理解しました。

図書館でご著書の「アセンション」も借りる事ができました。知識がなく用語は所々分かりませんでしたが、明らかにわたしが行ったのではない身体の変化がありました…それは身を捩りながら泣き続けたという情動の数々…愛という癒やし…が、たくさん起こりました…。

かつて本からこのような経験をした事がありません。そもそもこのような経験自体が初めてでした。しかも図書館の読み古された少々傷んだ本で…衝撃的でした。

この時、マスターという方々がどこにおられるかはわからないけど、実在するのだと思いました。

チャネリング講演会では、その事を理解し、より深く体感する事ができました。
言葉になりません。

ボブ先生は本当に美しい声!何時までも聞いていたい…と思いました。ふつうに?話していらっしゃる言葉だけど、すべてハートの真ん中に吸い込まれ、いや、ぐんぐん吸い込んで(滋養のごとくに)、何もかも消えて、ほとんどの時間それだけの存在になっていました。英語はわからないのですが、これはマントラではないかと思いました。

そんな訳ですから瞑想会では、ライブのマントラによって(CDと二重奏!さらに百人以上の大人数で!)かつてない瞑想となり、椅子から落ちるほどでした。全く制御できませんでした。

ラブマントラの伝授会はあまりにもパワフルで、感動的でした!わたしの愛しさのすべてがここにある…と思いました。
愛で、頭が張り裂け胸がいっぱいになりました。

ラブマントラは「アセンション」の本でマリアさんが、心に手を置き植えて下さった十字架の…その愛の広がり方…に似ています。大好きです!

この伝授会では、めずらしく質問が上がってきて、質疑応答の機会にまで恵まれました!
…この時点で、これまでのこの学びに置けるすべての感動を凌駕した感動と、すべての学びが濃縮して集約されたものを受け取るという、忘れられないひとときとなりました…
2日間の講演会後にそれぞれご挨拶をさせて頂いた時の事も…

言葉にできません!!!

すべての先生に、愛と感謝を込めて。

A・Kさん素晴らしい体験をされましたね!
受け取っていただきありがとうございました❤️

それではまた次回!

瞑想コミュニティ西荻窪
代表 梅原富美夫
ホームページURL

http://www.ffnishiogi.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする